GOBI NOW

なぜオーガニックカシミアを選ぶべきか?

最もプレミアムで最高級のカシミアはモンゴル産です。
これらは、世界で最も柔らかく、最も有機的で環境的に持続可能な天然繊維です。

ファッション業界は、自然を保護するという必要性をより認識しているため、持続可能性と環境に優しい生産に向かっています。 これは、アジアの中心部に拠点を置く主要なカシミヤ生産者である環境に配慮したGOBIカシミアにとって重要な焦点です。 モンゴルを拠点とするブランドは、モンゴルの広大な景観に広がる多様な種類のヤギからカシミヤ繊維を調達しています。 これにより、GOBIはカシミヤ製品の最高級の繊維だけでなく、世界の他の場所では見られない幅広い自然色のカシミヤを確実に得ることができています。

Why should you choose organic cashmere?

オーガニックカシミヤは、純粋で、染色されておらず、漂白されていない繊維になります。カシミヤには多くの種類がありますが、すべてが有機的または環境的に持続可能なわけではありません。

服を作るための重要な成分は水ですが、ラベルには表示されません。驚いたことに、オーガニックのカシミヤシャツを作るには、31リットルの水が必要ですが、染色されたカシミヤシャツは、正確には109.5リットルの水を必要とします。それでも、未染色と染色の両方のカシミヤは、綿などの他の衣類生地と比較して環境に優しいオプションです。綿のTシャツ1枚を作るのに2,700リットルもかかります。この量の水で1枚の綿のTシャツを作ると、87枚のオーガニックカシミヤシャツを作ることができます。

シャツを作るのになぜそんなに多くの水が必要なのか不思議に思うかもしれません。カシミヤの生産は、約20リットルの水を排出する洗浄プロセスから始まります。次に、選別工程で約20ミリリットルの水が消費され、編む前の最終洗浄段階では11.25リットルの水が必要になります。これにより、未処理のカシミヤシャツを作るための総水消費量は31.27リットルになります。しかし、染色プロセスが含まれる場合、繊維を染色して洗浄するために、さらに78.22リットルの水が必要になります。 カシミヤを染色するには3倍の水が必要です。そのため、持続可能で環境に優しい天然繊維と未処理繊維であるオーガニックカシミヤを選択する必要があります。

You can choose 4 natural colors!

モンゴルには、人口の少ない国に2900万頭以上のカシミヤ山羊が生息しています。 これらの山羊は6〜8種類の色合いのコートを持っており、モンゴルを除いて世界の他の場所では見られない4つの自然な色のカシミヤを生み出しています。 このさまざまな色は、山羊の生息地の気候と地域によって異なります。

・真っ白なヤギは、気温が+ 40度まで上昇する灼熱のゴビ砂漠に生息しています。
・黒、茶色、暗褐色の山羊はブラウン色のカシミヤを生産します。 彼らは、森がたくさんあるモンゴル中部と北部で放牧します。
・黄色、赤、赤茶色の山羊は、ベージュ色のカシミヤを生産する最も一般的なものです。 彼らはモンゴルの広大な草原のどこにでも住んでいます。
・青と灰色のヤギは非常にまれです。 彼らの温かみのあるグレージュ色のカシミヤは、モンゴルでしか見られず、カシミヤ山羊全体の2%しか占めておらず、西部にまばらに住んでいます。

これらの貴重なカシミヤ繊維の直径は平均14〜16.5ミクロンであり、驚くほど軽量で弾力性があります。簡単に言えば、モンゴルのカシミヤはとても軽いので、まるで何も着ていないようです。それは、時間の経過とともに最大の柔らかさを提供します。 あなたのデザインにフィットし、環境にやさしいエレガントで豪華な作品を探しているなら、もう探す必要はありません。

「GOBI ORGANIC」は、禅のコンセプトから着想を得たものです。それは人々が彼ら自身の中で、そして、彼らの日常生活の中で平和と静けさを見つけることを奨励しながら、持続可能で環境に優しいファッションを促進しています。興味深いことに、最も一般的なオーガニック色であるベージュは、それ自体が暖かさ、静けさを象徴しています。 カシミヤ製品は、あなたと環境にやさしいファッションであるため、購入を後悔することは絶対にありません。カシミヤの衣服は、環境の持続可能性だけでなく、洗練と優雅さを提供します。さらに、動物の毛皮やプリントとは異なり、カシミヤは動物に優しい方法で収穫され、無数の環境に優しい価値が含まれているため、他人の目を心配したり意識したりする必要はありません。

関連記事一覧

アーカイブ