糸/生地

                     

モンゴル産カシミヤに惹かれるのは「温もりと風合い」。

モンゴルのカシミヤ山羊の産毛を繊維にする際には、ゆっくりと優しく撚っていきます。
その結果、空気をたくさん含み、ふわふわとしたボリューム感が生まれ、より温かく軽い生地になります。
モンゴル産カシミヤの生地は、手触りは柔らかく、絹のような光沢と独特のヌメリがあり、保温性と吸湿牲が高いのが特長です。
その品質はヨーロッパやアメリカの高級ブランドなどにも採用されています。
DANDELION
~ダンデライオン〜
60%CASHMERE 25%COTTON 15%SILK
ダンデライオン(タンポポ)は、「愛の神託」という意味をもつ魔法のような花。
タンポポを吹くと、その繊細な種があなたの願いを風に包み、母なる自然にささやきます。
GOBIカシミアの開発者によって生み出された「Dandelion」は、
これまでに開発してきた中で、最も柔らかく、最も美しく、最も光沢のある糸です。
このカシミヤブレンドは、最終的に自然と一体化しているような感覚を与え、
日光・雨風・冷気など多くの有害な環境から保護します。

 

GOLDENROD
~ゴールデンロッド〜
100%CASHMERE
モンゴルのカシミヤ山羊は、気候の容赦ない変動に非常によく適応しているため、
最高品質のカシミアを自然に生産します。
それはダイヤモンドのように、最も希少な繊維として多くの人に知られています。
モンゴル産カシミヤは、ゴールデンロッド(アキノキリンソウ)のように、驚くほど美しく、丈夫で強い特徴を備えています。
「Goldenrod」を使用してつくられた製品は、繊細で豪華。
純粋なカシミアを思わせる風合いと、着続けても自然に修復する耐久性を兼ね揃えています。

 

CELANDINE
~セランダイン〜
30%CASHMERE 70%SILK
シルクは、紀元前20世紀頃から王と女王の生地として認識されており、最も古い高級素材として昔から大切に扱われてきました。
とても貴重であったため金と同じ価値があったといわれています。
セランダインは吸放湿性に優れているので、肌の温度を一定に保つことが可能です。
そのため暑い日にはさわやかな涼しさを提供し、寒い日には暖かさを保ち、常に快適な環境をつくります。
ピュアカシミアとシルクを組み合わせた「Celandine」は、ラグジュアリーで完璧な調和を生み出しました。
発色がとても良く、明るくキラキラしていることから、川沿いの森の陰に生えるヒメリュウキンカの花を連想させます。

 

SNOW LOTUS
~スノーロータス~
70%CASHMERE 30%SILK
スノーロータス(雪蓮花)は、4000m級の高山に生息するハスのような姿をした植物です。
地球上で最も生命力の強い植物のひとつであり、現地では“神の花”といわれています。
最高級の天然繊維として知られているカシミアとシルクを組み合わせることで、完璧な調和が生まれます。
それは、まるでペアでしか決して成長しない繊細な花:スノーロータスのようです。
「Snow Lotus」を使用してつくられた製品は、しっとりとしたとろみ感のある風合いと上品な艶があります。
そして、互いの繊維が長所を引き上げ、短所を補うことで、天然の機能性と利便性も有しています。

 

 

 

カシミヤ糸の製造

カシミヤの織物製造

カシミヤの編物製造