カシミヤ

ABOUT CASHMERE

カシミヤとは?

 カシミヤとは、カシミヤ山羊から採れた産毛のことです。寒気や乾燥に強いカシミヤ山羊の細くて艶やかな産毛は、古来より多くの人たちに暖を取る手段として愛用されてきました。カシミヤ山羊は主にモンゴル、中国、インド、イラン、アフガニスタン、ロシアなど四季の寒暖の差が激しい内陸部の高地や山岳地方にて自然に近い状態で飼育されています。

 これらの地方では冬季の気温が氷点下約30度程度にまで下がり、カシミヤ山羊の身体には厳冬から身を護るため外側の太い刺毛の下に非常に細い産毛が生えます。夏に向かう気温の上昇とともに産毛は抜け落ちますので、梳きとりの時期は一年に一度。産毛が抜け落ち始める直前の5月頃、クシで丁寧に梳きとっていきます。

 1頭あたりの産毛量は非常に少なく、80~100gほどしか採ることができません。更にその中から細くて長い繊維だけを選別し、様々な工程を経てカシミヤ糸・生地・製品へとなります。衣類に置き換えてみると、セーター1枚つくるためには約3頭分の産毛、コート1枚つくるためには約24頭分の産毛が必要といわれています。

 カシミヤ原毛は、色別するとホワイトカシミヤ、ウォームグレーカシミヤ・ベージュカシミヤ・ブラウンカシミヤの4色に分類されており、各色の中で品質によって等級分けされていて、中でもホワイトの一級が最も高価なものになります。

 数多くある繊維の中で、軽くて柔らかい、なめらかで温かい、上品な艶をもつなど、繊維としての魅力が多いカシミヤは、その希少性もあって「繊維の宝石」ともいわれる所以なのでしょう。