洗濯方法

WASHING METHOD

カシミヤニットの洗い方 

01 洗濯前の準備

  1. カシミヤ製品に付着している毛玉や、部分汚れを事前に取り除いておきます。
  2. カシミヤ製品を裏返しにしておきます。裏返す事で洗濯時の余分な毛羽立ちの発生を避けます。

02 手洗いの場合

  1. 40℃以下の温水を用意します。水量はカシミヤ製品の重量に対して30~40倍以上を目安にします。(一般的なレディース・セーター200gの場合、約8L程の目安となります。) 
  2. 洗剤を投入します。ウール洗い専用の洗剤やシャンプーを使用してください。
  3. 10~20分程、浸け置きしてから軽く振り洗い、または押し洗いをします。強いもみ洗いや、押し洗いは収縮や毛羽立ちに大きく影響しますので避けてください。袖や襟など、汚れが目立つ場合は軽いもみ洗いで、よごれを取り除きます。
  4. 洗濯時と同量の温水ですすぎ洗いをします。
  5. 洗剤の泡がきれるところまで2~3回程度すすいだ後は、柔軟剤やリンスで油分を補給します。洗剤で汚れと一緒にとれてしまう油分を補充して繊維を保護してあげましょう。
  6. 全体に馴染むようにやさしくもみ込んだ後は、すすぎ洗いをして丁寧に洗い流します。
  7. 脱水機を使用して、脱水をします。10~20秒程度を目安に、絞りシワが発生しない程度に脱水します。
  8. 脱水後は、洗う前のセーターの寸法に伸ばして形を整えてください。
  9. 風通しの良い日陰で平干しし、自然乾燥します。ハンガーなどで吊るして干すと、水分が下に溜まってその重みで伸びてしまいますのでご注意ください。

03 洗濯機の場合

  1. 洗濯機の「ドライコース」、または「手洗いコース」を選択します。 脱水の工程では、絞りシワを避けるため、10〜20秒程度の設定にしておきます。
  2. 裏返してあるカシミヤ製品をネットに入れて、洗濯機に入れます。
  3. 洗剤を投入します。ウール洗い専用の洗剤やシャンプーを使用してください。
  4. 脱水後は、洗う前のセーターの寸法に伸ばして形を整えてください。形を整えて平ら、または二つ折りにして、風通しの良い日陰で平干し、自然乾燥します。
  5. 風通しの良い日陰で平干しし、自然乾燥します。ハンガーなどで吊るして干すと、水分が下に溜まってその重みで伸びてしまいますのでご注意ください。

04 注意点

  1. 使用する前に衣類の洗濯表示を必ず確認してください。
  2. 洗いと脱水は必ず1枚ずつ短時間で優しくおこなってください。長時間の洗いや複数で洗うと摩擦で縮みの原因になります。
  3. 40℃以上の温水を使用しないでください。温かい方が汚れは落ち易くなりますが、熱すぎると縮みの原因になります。
  4. 手絞りは絶対にしないでください。摩擦によりシワや縮みの原因となります。
  5. 色落ちや素材へのダメージの恐れなどがある場合は、影響のない部分でテストしてから洗ってください。
  6. ドラム式洗濯機はご使用しないでください。ドラム内で叩きつけながら汚れを落とす洗濯方法のため、カシミヤ繊維が損傷します。
  7. 乾燥機はご使用しないでください。乾燥機に入れると熱風でウール特有のフエルト現象を起こして縮んでしまいます。
  8. ドライクリーニングはご利用しないでください。石油系溶剤を使用するので、油分を含む汚れは良く落ちますが素材の伸縮を生じにくくします。カシミヤ本来の持ち味である膨らみと、ヌメリを損ないますのでご注意ください。